南の島の自然療法士とは?

このブログにご訪問いただきありがとうございます。

サイト運営者のシンジョウと申します。沖縄本島の片田舎で小さな小さな自然療法院を開いております。このブログは、私自身が自然療法、特にホメオパシーに救われた経験から、自然療法に関心のある方、カラダやココロに悩みのある方向けにみていただきたく開設しました。少しずつ更新していこうと思います。

南の島の自然療法士 プロフィール

新城英一
自然療法士(ホメオパス/同種療法師)
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)講師
日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)理事
Homoeopathy Temple Body(ホメオパシーセンター沖縄 読谷トリイ)所長

〔経歴〕
2005年より電話カウンセリングでの健康相談を開始。
2009年より日本ホメオパシーセンター東京本部にてホメオパスとして活動。
CHhom講師として活動(統合医療プロフェショナルコース、インナーチャイルドコース、ファミリーホメオパスコース)。
2019年 自然療法院 Homoeopathy Temple Body(ホメオパシーセンター自由ヶ丘 奥沢)設立。
2020年 活動拠点を沖縄に移動。オンラインのコンサルテーションを開始。全国からの相談に対応。

〔講演実績〕
マザーチンクチャー講座、東洋医学セミナー、ホメオパシー(基礎・中級・上級講座)
ホメオパシー的(予防、お祓、歯)セミナー。健康博覧会(東京ビックサイト)にて講演。

〔登壇発表〕
JPHMAコングレス(明治神宮ほか)、京都シンポジウム。

〔良い結果がでているケース〕
精神的な問題、慢性疲労、子供の虚弱体質、皮膚の問題、甲状腺疾患、
がん(転移・再発防止)、消化器系の問題、腎臓肝臓の問題、骨の問題、生殖器の問題など
子供の不登校、人間関係の悩み、夫婦間の悩みなど多岐にわたる。

自然療法ホメオパシーとの出会い

私の場合、親友が病気となり、生気を失っていくのをみて「どうにかしてあげたい」と思った事が人生の転機となりました。親友の担当医の話では「多岐にわたり症状はあるが、原因は不明」「まだ若いが、今後も一生お薬を飲まなくてはいけない」と語ったと言います。

そんな最中、自然療法やスピリチュアルが盛んな英国を訪問する機会があり、ホメオパシーを知りました。

一縷の望みを抱いて、親友にホメオパシー専門家に相談する事をすすめました。そうすると、親友は自分の意志で断薬する事に成功。徐々に快復していきました。その姿に大変驚き、私自身も治療家の門を叩き、また、ホメオパシースクールにて学び始めました。

かつて、私は「自分が自分でないような感覚」に悩まされていました

当時、私は「抑うつ」症状に悩まされていました。自分の感情を殺して社会生活は送っていましたが、すべてが虚しく、生きている事に喜びや希望はなく、「自分の人生を生きている」という実感はありませんでした。漠然とした苛立ちにさいなまれ、漠然とした不安と恐怖で腎臓を壊して入院した事もありました。

治療と学びを深めるにつれ、ついに無意識のうちに最も怖れていた事に「向き合う」覚悟を決めました。それは「自分自身を見つめ直す」事。実際、ココロの中は、それをせざるをえないほどパンパンに膨れ上がっており、追い詰められていたのです。

ココロとカラダの浄化(好転反応)を経て

適切に選ばれたホメオパシーのレメディーには、過去に抑圧され、ココロとカラダの内側に溜め込まれたものを「排泄」し「浄化」する働きがあります。時に、過去に抑圧した熱や発疹であり、時に、過去に抑圧した感情や記憶です。

私も好転反応を経て、怒りが涙に変わりました。夢を通して何度も「気づき」が与えられました。徐々にココロが軽くなるのを感じました。まるで、頭上を覆っていた黒雲が消え、光が射しこむような感覚でした。今では、憂うつや対人恐怖、不眠、腎臓の障害など当時の不調は全てありません。

今では、かつて感じていた「生きづらさ」やカラダの症状の大きな原因は、自分自身が「自分の存在」を激しく責めていた事にあると理解できます。そして、その背後には、幼少期、自分のせいで弟が死んでしまったとの罪悪感がありました。

伝えたいメッセージ

あなたには「生きる力」が備わっています。

多くの現代人は、カラダに備わる「生きる力」を忘れ、全てを薬に頼るようになりました。

薬は、病気や苦しみを「治すもの」ではなく「止めるもの」と認識できた時に真価を発揮します。

本来、病気や苦しみは、決して誰かに治してもらえるものではなく、最終的には「あなた自身が、あなたを治す」しかないのです。だからこそ「自分で自分を治す力」すなわち「自己治癒力」がとても大切になるのです。

自然療法士は、あなたの中に眠る「自己治癒力」を言葉やホメオパシーのバイブレーションを使って「目覚めさせる」専門家です。

また、自然療法士は、病名を重視する事はありません。もし、病名ごとに、マニュアル化された対処法をするだけであれば、カラダとココロからのメッセージがくみ取れなくなってしまうからです。

百人いれば百通りの原因があり、解決策が違う。なぜなら、病気は、カラダとココロの声なき声であり「あなた自身を生きて行きてください」というメッセージでもあるからです。

あなた自身を生きられますように。

タイトルとURLをコピーしました